ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

Home Study|ホームスタディ

スポンサードリンク

育児

常位胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産 Part3

 

さて、お医者さんの的確な判断で無事に手術を終え、出産できたわけですが…

 

そもそも常位胎盤早期剥離って名前は聞いたことあるけれどどんな病気なの?

 

というわけで調べてみました!

 

常位胎盤早期剥離とは、本来ならば、分娩時に子宮の壁から剥がれて外に排出されるべき胎盤が、妊娠中や分娩前に剥がれてしまうこと。胎児はへその緒で胎盤とつながり、母体から栄養や酸素を受け取ったり、老廃物や二酸化炭素を外に出したりしているため、常位胎盤早期剝離によって急激に状態が悪くなることに。場合によっては、胎児が脳性麻痺や死に至るケースもある。さらに、大量出血を引き起こし、母体が死亡することも。発生頻度はあまり多くはないが、母体と胎児ともに重篤な障害をもたらす危険性があるため、緊急の対応が必要となる病気。なお、数ミリの分離から完全な剥離まで、人によって症状は異なる。

 

常位胎盤早期剥離の原因は、妊娠高血圧症候群や喫煙、外傷などの影響も大きいと言われていますが、詳しくは解明されていないそうです。

 

ちなみに、私は上記のどれにも当てはまりません…

 

後から知ってすごく怖くなりました。

 

赤ちゃんも私も無事で本当に良かった!

 

そんなこんなで、手術後、点滴をしながら病室で過ごすわけですが、麻酔が効いている間は下半身の感覚が全くなく、動かすこともできませんでした。

 

麻酔がきれてくると、少しずつ足でグーパーができるようになりましたが、それと同時に下腹部に石で殴られたようなズンとくる痛みが…

 

術後先生が病室に来られました。

 

女医「どうですか?痛みはありませんか?」

 

私「下腹部に痛みが出てきました。」

 

女医「それは後陣痛の痛みかもしれないね。」

 

後陣痛ってこんなに痛かったっけ?3人目だからかな?

 

その後、30分おきに看護師さんが様子を見に来てくれました。

 

痛みに耐えながらうつらうつらしていました。

 

何時間かすると、寒かった身体が今度は熱くなってきて、看護師さんに暖房をゆるめてもらいました。

 

看護師「痛みはどうですか?」

 

私「痛いです…」

 

看護師「一応痛み止めの点滴もしてるんだけど、それでも痛かったら考えましょう。」

 

それから少し寝ては目が覚めての繰り返しでした。

 

痛みがおさまらないので、痛み止めの座薬をしてもらいました。

 

途中でお腹が空いてきて、喉も乾いてきました。

 

ご飯まだなのかな?とかそんな事を考えながら再びうつらうつら…

 

看護師さんに喉が乾いたので飲み物を飲みたいと言うと、朝まで我慢しましょうと言われました。

 

点滴で栄養と水分を補給しているから大丈夫なんだそうです。

 

後で知ったのですのが、帝王切開の手術後は絶食みたいです…

 

そこから痛みが少しマシになり、何時間か眠っていたみたいです。

 

朝になり、片方の点滴と足のポンプがはずされました。

 

尿管も抜かれ、個室に移動するため起きようとしてびっくり!

 

身体を起こそうとするだけで腹部に激痛が…

 

少しでも腹筋を使う動きはすべて激痛のためできません。

 

看護師さんに支えられながら何とか身体をおこしました。

 

看護師「今から身体を拭きますね。自分で拭けるところは拭いてください。」

 

タオルを渡されたので、自分で拭けるところを拭いて、看護師さんにタオルを渡しました。

 

看護師さんが背中などを拭いてくれたのですが、これがまた激痛…

 

ちょっ、ちょっと雑ですがな。

 

もう少し優しく拭いてくださいよ(泣)

 

と思いながら痛みに耐えました。

 

少しの振動でもお腹に響いてすごく痛かったです。

 

身体を拭き終わると、立ち上がっで歩いて個室に移動なのですが、これがまた激痛!

 

やっとの思いで立ち上がり、1歩1歩ゆっくり歩きました。

 

まるでおばあちゃん…

 

やっとの思いで個室に到着しました。

 

そこから、四苦八苦しながらようやくベッドに横になりました。

 

仰向けで横になり、少しでも動こうものなら激痛が…

 

体勢も変えられないし、動くのは手先足先だけ…

 

とりあえず血栓予防のために、足首を曲げたり伸ばしたりストレッチをしました。

 

痛みで身体は動かせないものの、一段落したので友達にLINEで出産の報告。

 

この日は1日寝たきりで、トイレの時だけ起きるという感じでした。

 

お昼にようやく食事が出てきましたが、帝王切開後の回復食でお粥でした。

 

おいしいご飯をお腹いっぱい食べられる!と思っていた私は少しがっかり…

 

旦那さんが苺やバナナ、みかんなどをたくさん持ってきてくれたので、早速苺を食べました。

 

絶食していたせいか、食べると胃や腸が張って痛い感じがありましたがお腹が空いているのでたくさん食べました。

 

さて、この痛みはいつまで続くのでしょうか?

 

果たして歩けるようになるの?

 

帝王切開後の回復過程については次回に書きたいと思います!

 

『帝王切開後の痛みはいつまで続く?』はこちら

帝王切開後の痛みはいつまで続く?

  帝王切開で出産すると、麻酔がきれた後の痛みが半端ないですよね…   この痛みは一体いつまで続くの ...

続きを見る

 

『常位胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産 Part1』はこちら

常位胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産 Part1

  この度、胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産したので備忘録を残しておこうと思います。   ...

続きを見る

 

『常位胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産 Part2』はこちら

常位胎盤早期剥離による緊急帝王切開で3人目を出産 Part2

  早速数人の看護師さんに付き添われて診察台へ。   まずは赤ちゃんの心拍を確認。   看 ...

続きを見る

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

Z会幼児コース

Z会幼児コースは、ことば・数などの学力の基礎から、知的好奇心を引き出す体験、生活習慣など、幼児期にふれたい様々な領域をワーク学習と実体験の両輪で学びます。発達段階に合った取り組みでお子さまの自信を育み、遊びをとおして学ぶなかで「学び」そのものの楽しさを喚起します。主体的に学びに向かう姿勢、「あと伸び力」を身につけていくことを重視した教材です。

-育児

Copyright© Home Study|ホームスタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.