ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける

スポンサードリンク

こどもちゃれんじ

ネタバレ!1年生準備スタートボックスの中身は?

更新日:

こどもちゃれんじじゃんぷ1年生準備スタートボックス

 

『こどもちゃれんじじゃんぷ』のDVDで毎回宣伝に入っている

 

『1年生準備スタートボックス』

 

 

『こどもちゃれんじじゃんぷ』で『ちゃれんじ1年生』の継続受講をすると、先行して届くものです。

 

息子がこれ、絶対欲しいということで、継続受講を決めました。

 

こどもちゃれんじじゃんぷ1年生準備スタートボックスの中身は?

 

7月末に届くということで、毎日「まだ届かないの?」と待ちにまっていました。

 

ついに届きましたよ♪

 

息子は、期間限定色の『シャイニースカイセット』を選びました。

 

 

すごいボリュームですね!

 

大人も気分がうきうきしちゃいます♪

 

教材が入っていた箱は、取っ手をつけて収納トランクボックスになります。

 

1年生準備スタートボックスについてもっと知りたい!という方は、まずは資料請求することをおすすめします。

 

 

おしゃべりおうえん!めざましコラショ

 

 

入学に向け、自分から早寝・早起きができるようにと願いを込めて作られた

 

「おしゃべりおうえん!めざましコラショ」

 

コラショが名前を呼んで、寝る時間や起きる時間を教えてくれるから、早寝・早起きを習慣づけられます。

 

息子は大喜びで時間をセットして「7時に起きる!」とはりきっていました。

 

これは、小学校入学までに自分で起きる習慣が身につきそう!

 

ちゃれんじスタートナビ

 

 

そしてこれが『ちゃれんじスタートナビ』

 

 

こちらのいちねんせいじゅんびワークと連動しています。

 

バーコードを読み取り、ワークが終わると宝箱が開いてお宝がもらえる仕組みです。

 

こらしょのレインボーえんぴつとえんぴつ削りも勉強への気分を盛り上げてくれます。

 

息子だけではなく、妹もこらしょのえんぴつ削りに興味深々♪

 

さすがベネッセです。

 

子供の心を掴んでいます。

 

1年生準備スタートボックスについてもっと知りたい!という方は、まずは資料請求することをおすすめします。

 

 

1年生準備スタートボックスでできること

 

楽しく勉強できる仕組み、小学校までに自分でやるべきことは、自分でできるようになるための工夫が、あの手この手で盛り込まれています。

 

息子が「他の通信教育を辞めてこらしょだけにする!」

 

と言ったのも納得です。

 

個人的には、小学校になったら『まなびwith』をやらせたかったのですが、ちゃれんじにも、オプションで『考える力・プラス講座』というものがあるみたいなので、そちらを受講しようかと考えています。

 

教科書プラスアルファの力をつけてあげたいですしね。

 

おなまえれんしゅうちょうとかきかたばっちりワーク

 

 

そして、『おなまえれんしゅうちょう』と『かきかたばっちりワーク』

 

『おなまえれんしゅうちょう』は自分の名前を練習できるようになっています。

 

1人1人の名前が印刷されているんですよ。

 

これはすごいですよね!

 

うちの息子は、面倒くさがりで字を丁寧に書かないので、秋以降じっくり取り組みたいと思います。

 

『かきかたばっちりワーク』は、ひらがなとかたかなを綺麗に書く練習に特化したワークです。

 

かなりのボリュームです。

 

こちらも秋以降に取り組む予定です。

 

持ち物大切お名前シール

 

 

そして、『持ち物大切お名前シール』

 

なんとおはじきにも貼れる大きさまで揃っています。

 

これはかなりありがたい!

 

入学後、大活躍しそうですね。

 

1年生準備スタートボックスって役に立ちそう?

 

『1年生準備スタートボックス』

 

大満足の内容でした。

 

ベネッセさんは、よく付録が多くて…という意見を聞きますが、幼児からは、それほどおもちゃは多くありません。子供の心理をよく理解した内容だと思います。

 

また、親向けの情報が1番充実しているのがベネッセなんですよね。

 

色んな通信教育をとってきましたが、親向けの情報は、ベネッセに勝るところなし!

 

特に1人目のお子様には、ぴったりだと思います。

 

小学校入学を来年4月に控えていますが、かなり詳しい情報を提供してもらえるので安心して準備できそうです!

 

チャレンジ1年生についてもっと知りたい!という方は、まずは資料請求することをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-こどもちゃれんじ

Copyright© 早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.