ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

Home Study

スポンサードリンク

Z会 まなびwith

まなびwithとZ会の特徴や価格を徹底比較

 

小学校では、2020年から新学習指導要領が全面実施されます。

 

これからは選択肢から答えを選ぶだけではなく、自分で考えて伝えられる力を伸ばしていくことが大切です。

 

子どもの思考力を伸ばすなら、通信教育の「まなびwith(ウィズ)」や「Z会」がおすすめ。

 

この記事では、まなびwithとZ会の特徴や違いを紹介していきます。それぞれの特徴を知り、お子さんに合う教材を選びましょう。

 

 

 

まなびwithとZ会の内容の違い

 

 

まなびwithの特徴

 

まなびwithは、小学館グループが開発した通信教育で「自分で考える力」や「学びの土台」を育てることができます。

 

オリジナル教材では、基本的な学習内容だけではなく、読解や作文、図形や文章題の図化などの問題に取り組みます。

 

小学校の低学年から文章読解学習や、論理的思考力の問題にチャレンジできるのです。

 

毎月ワークブックと添削テキスト、別冊英語テキストが届きます。

 

 

ワークブック1冊で、国語と算数、思考の達人ツールに取り組めます。

 

国語

 

算数

 

思考の達人ツール

 

思考の達人ツールとは、自分の考えを図に書き込んで、自分の考えを深めるためのツールです。

 

この思考の達人ツールは、通信教育業界で初めてまなびwithが導入しました。

 

Z会の特徴

 

Z会のオリジナル教材では、段階的にレベルを上げて学力の土台を養うことができます。

 

教材はシンプルですが、学ぶことや考えることを楽しみながら知識や理解を深められます。

 

Z会小学生コース(1年生2年生)の大きな特徴は、国語や算数だけではなく、「経験学習」という教科があることです。

 

経験学習では、身近にある材料を使って理科や社会につながる体験をします。1・2年生コースには「みらい思考力ワーク」というオプション教材もあります。

 

 

問題を通して「論理的判断力」「連想力」「推理力」「試行錯誤力」「注意力」「情報整理力」の土台を育めます。

 

小学生コース(3~6年生)では、理科と社会も受講できます。

 

Z会では、「スタンダード」と「ハイレベル」という2つのレベルから選択できます。

 

 

スタンダードとハイレベルのカリキュラムは同じです。ハイレベルでは、難しい問題にチャレンジできます。

 

まなびwithとZ会では英語を学べる?

 

 

まなびwithの小学生1~2年生のコースでは、別冊で英語のテキストが届きます。

 

英語の歌を通して、英語を聞く力や発音を身につけられます。アルファベットを書く勉強も無理なく取り組めるように教材が設計されています!

 

まなびwithの小学3~6年生のコースでは、「スゴロクEnglish」というゲームで英語を学びます。

 

 

4年間でなんと900の単語を学べるます!さらにフォニックスも扱われています。

 

Z会の場合は、小学3年生から英語を勉強し、段階を踏んで英語を書く力を伸ばせます。

 

紙のワークを選択すると、オリジナルの音声ペンを使って英語を聞いたり話したりする勉強に取り組めます。

 

 

タブレットコースを選んだ場合は、タブレットで英語を聞いたり発音を録音したりすることが可能。

 

Z会ではフォニックスが扱われていませんが、英語の文章を書く学習を重視したい方におすすめです。

 

 

 

まなびwithとZ会の価格の違い

 

 

まなびwithとZ会の小学生コースの価格は以下の通りです。まなびwith1ヵ月のみの受講はできません。

 

まなびwith

小学1年生コース 毎月払いの場合3,685円(税込)
小学2年生コース 毎月払いの場合3,740円(税込)
小学3年生コース 毎月払いの場合4,015円(税込)
小学4年生コース 毎月払いの場合4,675円(税込)
小学5年生コース 毎月払いの場合5,225円(税込)
小学6年生コース 毎月払いの場合5,555円(税込)

※2019年度の会費
※6ヶ月分一括払いと12ヶ月分一括払いの場合は、入会月によって支払いの金額が変動します。

 

Z会

 

小学1年生コース

みらい思考ワークなし(スタンダード) 毎月払いの場合4,615円(税込)
みらい思考ワークなし(ハイレベル) 毎月払いの場合5,008円(税込)
みらい思考力ワークあり(スタンダード) 毎月払いの場合5,401円(税込)
みらい思考力ワークあり(ハイレベル) 毎月払いの場合5,794円(税込)

 

小学2年生コース

みらい思考ワークなし(スタンダード) 毎月払いの場合5,008円(税込)
みらい思考ワークなし(ハイレベル) 毎月払いの場合5,401円(税込)
みらい思考力ワークあり(スタンダード) 毎月払いの場合5,794円(税込)
みらい思考力ワークあり(ハイレベル) 毎月払いの場合6,187円(税込)

 

小学3年生コース

4教科 毎月払いの場合6,068円(税込)
ハイレベルを受講する場合の加算金 2教科492円(税込)

 

小学4年生コース

4教科 毎月払いの場合7,052円(税込)
ハイレベルを受講する場合の加算金 2教科492円(税込)

 

小学5年生コース

4教科 毎月払いの場合9,376円(税込)
ハイレベルを受講する場合の加算金 4教科984円(税込)

 

小学6年生コース

4教科 毎月払いの場合9,771円(税込)
ハイレベルを受講する場合の加算金 4教科984円(税込)

※小学3~6年生コースは1教科から受講できます。
※2019年度の価格
※6カ月分一括払いと12ヶ月一括払いを選択した場合、入会月によって会費が変動します。

 

まなびwithとZ会はどちらも良い教材

 

 

まなびwithとZ会は、どちらも子どもの考える力を伸ばせる魅力的な教材です。

 

それぞれの特徴や価格の違いを知り、お子さんに合う方を選びましょう。

 

まなびwithとZ会が気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-Z会, まなびwith

Copyright© Home Study , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.