ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

Home Study

スポンサードリンク

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじはいつまで継続するといい?各コースの魅力を紹介

 

こどもちゃれんじをいつまで継続するか悩んだことはありませんか?

 

こどもちゃれんじは、子どもの成長や学びをサポートしてくれる教材です。

 

小学校に入学する前に、子どもの自ら学ぼうとする意識を育みたい方は継続することをおすすめします。

 

この記事では、こどもちゃれんじの各コースの特徴や魅力を紹介します。

 

 

こどもちゃれんじは小学校入学前まで継続できる

 

 

こどもちゃれんじには、0歳~年長までのコースがあります。

 

年齢にあった玩具や本、DVDが届くので、一人でも楽しく遊べます。

 

こどもちゃれんじを継続することで、以下の6つの力を伸ばすことが期待できます。

 

・伝える力
・表現する力
・習慣づくり
・科学する心
・人との関わり
・形や数量の理解

 

こどもちゃれんじの教材は専門家が監修しています。各年齢の興味にあっているので、自然と興味とやる気を引き出すことができるのです。

 

こどもちゃれんじの各コースの特徴

 

 

ここでは、こどもちゃれんじの6つのコースの特徴について紹介していきます。

 

baby(0~1歳向けコース)

 

こどもちゃれんじbabyでは、子どもの月齢にあう玩具と絵本が毎月自宅に届きます。

 

おもちゃ屋さんにも赤ちゃん向けのおもちゃは沢山売っていますが、子どもの月齢にあうおもちゃを選ぶことは難しいですよね。

 

こどもちゃれんじの玩具は、専門機関で検査を行っているので安全です。お母さんが玩具や絵本を使って赤ちゃんと一緒に遊ぶことで、親子の愛着関係を深めて子どもの心を豊かにすることが期待できます。

 

ぷち(1~2歳向けコース)

 

 

こどもちゃれんじぷちでは、絵本やDVDでしまじろうのお話を見て、しまじろうの真似をすることで生活習慣を身につけられます。

 

しまじろうのパペットは、ぷちの教材と一緒に届きます。

 

「形」「大小」「色」などの概念を学べる知育玩具も届くようになります。

 

玩具で楽しく遊びながら、考える土台を育めるのです。ごっこ遊びを通して、人との関わり方やマナーも学べます。

 

ぽけっと(2~3歳向けコース)

 

 

こどもちゃれんじぽけっとでは、教材で遊びながら語彙を豊かにして、文章のつながりなどを学べます。

 

様々な問いかけに対して、自分で考えて答える体験ができます。

 

はさみやのりを使う教材も届くので、表現力や工夫する力を伸ばすことが期待できます。

 

買い物など公共の場でのマナーも、DVDや絵本を通して楽しく学べる点も魅力です。

 

ほっぷ(年少向けコース)

 

 

こどもちゃれんじほっぷでは、ブロックやパズルなどの教材を使い、様々な角度から考えられる力を伸ばしていきます。

 

ゲームなどと通して、ひらがな(46文字)の読みも学べます。

 

さらに、数の概念や図形感覚など算数の基礎を、楽しく遊びながら理解できます。

 

ほっぷからは、自然科学をテーマにした内容も扱われているので、子どもの知的好奇心を高めたい方におすすめです。

 

すてっぷ(年中向けコース)

 

 

こどもちゃれんじすてっぷからは、ひらがなの読みだけではなく書き方も学んでいきます。

 

自分の気持ちを書いて伝えられる玩具が届くので、遊びながらひらがなの読み書きを身につけられるのです。

 

時計の読みや、たし算の基礎なども毎月届くワークを通して学びます。さらに、プログラミング的思考力を育むための教材も届きます。

 

じゃんぷ(年長向けコース)

 

 

こどもちゃれんじじゃんぷからは、物語の読解や助詞を使った問題に挑戦することができます。

 

算数の土台も玩具を使って伸ばしていきます。

 

勉強を「楽しい」と思えるように工夫された教材が届くので、小学校入学前に一人で机に向かう習慣づくりを目指せるのです。

 

勉強だけではなく、早寝早起きなど小学校生活に必要な生活習慣も身につけていきます。

 

こどもちゃれんじの継続特典について

 

 

こどもちゃれんじでは、来年度も継続して受講すること希望して事前登録すると、特典がもらえる「登録キャンペーン」があります。
※期間が決まっています

 

例えば、2019年現在ぷちを受講している方が、来年度の通園タイプなどを事前に登録すると、お名前シールなどを貰えます。

 

こどもちゃれんじの継続を検討している方は、ぜひ登録キャンペーンをチェックしてみてくださいね。

 

こどもちゃれんじを継続して子どもの力を伸ばそう

 

 

こどもちゃれんじを年長コース終了まで継続することで、文字や数に沢山ふれることができ、生活習慣を身につけることが期待できます。

 

専門家が監修した教材なので、毎月発達に適した遊びや勉強ができます。

 

勉強だけではなく、人との関わりなど幅広い力を育みたい方は、こどもちゃれんじを継続することをおすすします。

 

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-こどもちゃれんじ

Copyright© Home Study , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.