ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける

スポンサードリンク

こどもちゃれんじ

ネタバレ!こどもちゃれんじじゃんぷ11月号の中身・付録は?

投稿日:

こどもちゃれんじじゃんぷ11月号

 

こどもちゃれんじじゃんぷ11月号が届きました。

 

 

今月はエルじつみきが付録でついています。

 

エルじつみきは、かなり重宝しそうです♪

 

では早速教材を1つずつ見ていきましょう。

 

こどもちゃれんじじゃんぷ通信

 

 

こちらは、保護者向けの情報誌です。

 

 

付録の「エルじつみき」について解説されています。遊びながら空間認識力や図形感覚、数量感覚等が養えるのがいいですね♪

 

ベネッセはいつもタイムリーな情報を提供してくれます。

 

0歳~3歳までのコースは、保護者向け情報も冊子になっていてとても助けられました。

 

詳細を知りたい方は、資料請求してみてくださいね。

 

 

エルじつみき

 

 

今月号の目玉付録は、手を動かしながら図形感覚を育むことができる「エルじつみき」

 

一般的な積木とは違いエル字形をしているので、回転させたりぴったり合う形を組み合わせたりと、年長さんならではの工夫を促します。

 

また、積木のピースを構成する立方体の数に着目することで、数の概念理解にもつながります。

 

紙に書くだけでなく実際に手を動かして理解することで、小学校の勉強で必要な場面をイメージして考える力や図形感覚を養います。

 

 

エルじつみきガイドがついているので、優しいレベルから色んなかたちを作ることに挑戦できます。

 

エルじつみきガイドを見ながら遊んだり、自分で自由に組み立てたり色んな遊び方ができます。

 

キッズワーク

 

今月号も小学校入学に向けて充実した内容です。

 

9月号から3月号にかけて、論理的思考力を育むじっくり考える問題に取り組みます。

 

少しずつ小学校入学準備が出来るのがいいですね。

 

 

11月号のキッズワークでは、立体図形を色々な視点から見ることを学習します。

 

 

数の合成の問題です。順番に増えることを理解することで小学校のたし算につながります。

 

 

様子を表す言葉の問題です。濁点がつくことで意味が変わる擬態語を学びます。

 

 

数唱と迷路の問題です。1〜60までの数の順序を確認します。

 

 

関係推理の問題です。文章を読んで条件から関係を推理します。

 

文章の理解能力と頭を使って条件を整理する考えさせるいい問題ですね。

 

このように色んな視点の問題から考える力が身につくように工夫されているのがいいですね。

 

はじめてのこくご・さんすうじゅんびワーク

 

9月号から始まった「はじめてのこくご・さんすうじゅんびワーク」!

 

チャレンジスタートナビと連動していて、ワークをやるとアイテムがもらえるのが、やる気をアップさせてくれるのでいい感じです。

 

 

今月も、こくごとさんすうの問題が2問ずつ出題されていました。

 

 

今月のこくごは『拗音と同音異義語(動詞)』がテーマです。

 

さんすうでは、立体図形・空間認識、求差を取り扱っています。

 

少しずつ小学校の出題形式に慣れることができるのがいいですね!

 

キッズワークだけで物足りない場合は、オプションで「キッズワークプラス」というのがあります。

 

また、2018年より新しく開講して、口コミ効果も高い「思考力特化コース」もあります!

 

詳細を知りたい方は、資料請求してみてくださいね。

 

 

ふしぎはっけんえほん

 

私の一番のお気に入りの「ふしぎはっけんえほん」

 

 

今月はどんな内容なのでしょうか?早速中身を見てみましょう!

 

 

毎月園生活をテーマにしたお話が載っています。

 

園の生活で実際におこりそうなトラブル。そんな時にどうすれば良いのかがお話を通して学べます!

 

 

たまごのかたちってどうして丸じゃないの?という理由についてわかりやすく書かれています。

 

 

ぜひマスターしておきたい「ちょうむすび」

 

うちの子はまだ結べません。年長の間に出来るようになりたいです。

 

 

DVDと連動したページです。生き物はみんなおしっこをしますが、体の中はどうなっているのかについてわかりやすく書かれています。

 

 

年長さんの実物大の絵で、おしっこが出るまでの仕組みが年長さん向けに解説されています。

 

 

おしっこについてクイズ形式で学べます。

 

ふしぎはっけんえほんの内容をもっと詳しく知りたい!という方は、一度資料請求してみてくださいね。

 

 

赤ペン先生のもんだい

 

今月号は赤ペン先生のもんだいがついています。

 

身近な人以外の第三者に褒めてもらう体験をすることで、小学生に向けて自信を育んでいきます。

 

赤ペン先生は、単に採点をするのではなく、お子さんやおうちのかたが気づかなかったお子さんのいい所を褒め、難しかったことを励ましたりする存在です。

 

花丸いっぱいの答案を見たお子さんのとびきりの笑顔が見られます!

 

こどもちゃれんじは、こどものやる気を出させるのがとても上手です!また、続けられるような工夫がいっぱい!さすがですね。

 

こどもちゃれんじじゃんぷ11月号いつ届く?

 

こどもちゃれんじは、郵便または宅配便にて、毎月1日までに届くことになっています。

 

実際には、これよりもう少し早く、いつも28日頃に届いています。

 

こどもちゃれんじの受講を迷っておられる方は、まずは資料請求することをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-こどもちゃれんじ

Copyright© 早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.