ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける

スポンサードリンク

こどもちゃれんじ

幼児向け通信教育こどもちゃれんじってどんな教材?評判・口コミは?難しい?

更新日:

幼児向け通信教育こどもちゃれんじってどんな教材?評判・口コミは?難しい?

 

 

こどもちゃれんじは、生後6ヵ月から小学校入学前まで子どもを対象とした、子どもの発達に合った教材が毎月、セットで届く通信教育です。

 

小学校入学前までの未就学児の時期に大切なのは「自分から」やりたくなること。

 

自分で「できた」体験は、自信につながり、他のことも前向きに自分らしく頑張れる力、自分なりに考えて行動する力の土台になります。

 

こどもちゃれんじは、「自分でやりたい」意欲を伸ばし、これからの未来を生きる子供たちに必要不可欠の「考える力」を育むことに重点をおいて教材が設計されています。

 

 

ココがポイント

・年齢や発達・興味にぴったりのカリキュラム

・1つのテーマをさまざまな教材で扱うことで、子どものやる気を保ちつつ「できた!」「わかった!」まで導けるよう工夫されている

・自分で調べ、自分で最後まで取り組めるように教材が工夫されている

・家計に優しい受講費用

・イード・通信教育アワード2018幼児において総合満足度最優秀賞

 

それぞれの年齢にぴったりの教材が、毎月1日頃に届きます。

 

教材の詳しい内容を知りたい方は、資料請求してみてくださいね。

 

 

こどもちゃれんじの口コミ・評判は?

 

さて、気になるこどもちゃれんじの評判ですが、0歳~2歳ころまでは良い評判が多く、3歳ころから評判が分かれます。

 

ぷち受講のお母様

毎回イヤがって大変な思いをしていた歯みがきですが、はみがきミラーのおかげで、いともすんなり歯みがきをさせてくれるようになりました。また、DVDを見ていただけで私は教えたことがないのに、トイレのドアを「トントン」と言いながらノックするようになったりして、いつのまにか生活習慣が身についていることに驚くことがありました。

 

ぷち受講のお母様

こどもちゃれんじを受講する前は娘はまだ話せる言葉も少なく、生き物全般がワンワンでした。しかし、こどもちゃれんじを受講してDVDや絵本を毎日見ていると、しまじろうのセリフを真似をしたり、歌をうたうようになったりと、娘の口から言葉がたくさん出てくるようになりました。

 

ぷち受講のお母様

生き物に興味を持つようになり、本の中に出てくる動物の名前をどんどん覚えていきました。「動物園にはキリンがいるね!」「水族館にはイルカとハリセンボンがいるね!」など本を見ながら話すようになりました。実際に遊びに行くと、本で覚えた動物をみつけてとても嬉しそうでした。

 

ぽけっと受講のお母様

こどもちゃれんじを受講するまでは、「これは私の!貸すのはいや!」ということが度々あり、どのように教えたらいいものかと悩んでいました。でも、しまじろうの絵本では毎回お友だちに貸してあげたり、順番で貸し借りする場面があり、娘も歌を覚えてお友だちに貸してあげたりできるようになりました。

 

ぽけっと受講のお母様

こどもちゃれんじを受講するまでは、「これは私の!貸すのはいや!」ということが度々あり、どのように教えたらいいものかと悩んでいました。でも、しまじろうの絵本では毎回お友だちに貸してあげたり、順番で貸し借りする場面があり、娘も歌を覚えてお友だちに貸してあげたりできるようになりました。

ほっぷ受講のお母様

こどもちゃれんじを受講し始めのときは、キッズワークを子どもと2人でしていました。私が読んで「こういう風にシールを貼ってね」「こういう風に線を引いてね」と一つ一つ教え、できたら「できたよシール」を貼っていました。しかしここ数カ月は、ページにある例を見て自分で考えて作業をするようになりました。

 

ほっぷ受講のお母様

こどもちゃれんじほっぷでは、日常のしていいこと、ダメなことを学ぶコーナーがあるので、よく「駐車場で遊んじゃダメだね」や「傘は人に向けたらダメだね」など絵本で出てきたシーンを思い出しマナーやルールをちゃんと覚えてくれています。

 

すてっぷ受講のお母様

こどもちゃれんじのおかげで、自分からお手伝いをしてくれるようになりました!これまでは、私が「靴を揃えなさい」「脱いだ服をたたみなさい」と言ってもなかなかしてくれなかったのですが、こどもちゃれんじのおかげで「お手伝いはかっこいい!」「お手伝いをするとお母さんが喜んでくれる!」と考えが180度転換したようです。

 

すてっぷ受講のお母様

毎月、ワークが届くのを楽しみにしています。こどもちゃれんじのワークは、全部終わるとシールをたくさん貼れるので達成感を感じるようで、あっという間に終わらせてしまいます。母親が勉強をするように言わなくても、自分で「今日、まだワークをしてないからやる」と言ってくるようになり、毎日机に向かう習慣がついているようです。

 

じゃんぷ受講のお母様

子どもと一緒におじぎそうの種をまいたり、水やりをしたり、陽の当たるお部屋に置いたりして、お世話をしました。おじぎそうの元気がない時は「元気がないね」と気にかけていたり、おじぎそうに話しかけたりしてお世話をしてくれました。生き物に対して優しい気持ちをもって接している姿を見て、とても心が温まり、うれしい気持ちになりました。

 

じゃんぷ受講のお母様

親として一番期待していたのはキッズワークです。特に年長の1年間は来年の小学校入学を控えていて、少しでも入学後に困らないよう必要なことを学ばせたいと思っています。
上の子も、こどもちゃれんじで入学後から現在の4年まで授業についていけないということはなかったので、下の子もこどもちゃれんじを受講させています。

 

このように、生活習慣や学習習慣が身についたという喜びの声が多かったです。

 

特に年長さんの小学校準備期は、こどもちゃれんじの教材で入学準備がばっちりできたと好評でした。

 

逆に悪い口コミで多かったのは、「おもちゃが増える」「教材が簡単すぎる」という意見でした。

 

しかし、2018年からワークと特別教材のみの「思考力特化コース」ができたので、現在はこのような口コミは見られなくなりました。

 

「思考力特化コース」のワークは、Z会幼児コースの問題と似た問題が多く、すぐには解けない問題や考えさせる問題が多いので、小学校受験を考えられている親御さんからの評価が高いです。

 

こどもちゃれんじの効果は?

 

さて、通信教育を始めるに当たって気になるのが「本当に効果あるの?」といったことではないでしょうか。

 

こどもちゃれんじを続けるとどんな効果があるのか調べてみました。

 

季節ごとのイベントにも詳しくなってきて、続けていて良かったなと思っています。しまじろうと一緒に成長していけるところがとても良いと思います。

 

こどもちゃれんじの中に登場する「トイレちゃん」というキャラクターに子どもが感化され、トイレちゃんを見たり、その関連の絵本を見たりすると「トイレ行くー!」というようになりました。

 

ぷちの「はんぶんこ」をテーマにした絵本やドーナツのおもちゃで遊んでいるうちに、児童館へ行っても、ほかの子にも「どうぞ」をできるようになりました。

 

歯みがきやトイレトレーニングなどの生活習慣のテーマに毎月いろいろな形で触れられるので、継続して受講していることで、気づくといろんな事ができるようになってきた。

 

日常のしていいこと、ダメなことを学ぶコーナーがあるので、よく「駐車場で遊んじゃダメだね」や「傘は人に向けたらダメだね」など絵本で出てきたシーンを思い出しマナーやルールをちゃんと覚えてくれています。

 

毎月、こどもちゃれんじのキッズワークが届くと「勉強するっ!」と子どものほうから言うようになり、机に向かうという習慣ができました。

 

DVDを見せているだけで、興味のないことでも無理なく知識を習得することができていることに驚きました。またDVDでやっている次号の案内を見て期待感を募らせ、楽しみにしている様子に続けさせてよかったと思いました。

 

自分の机で一人でキッズワークに取り組み、わからないところを親に聞くという一連の流れが、こどもちゃれんじを始めてからの半年で身につきました。

 

時計プログラムが始まり、デジタル・アナログ問わず時計に興味を持つようになり、積極的に時間を読み取ろうとする姿が見られるようになりました。

 

「コラショの目覚まし時計」が届いてから、起床・就寝時間も自分で確認するようになり、最近ではアラームが鳴る前に「おはよう」と起きてくるようになりました。

 

このように生活習慣や自分で机に向かう習慣がついたという声が多かったです。

 

勉強も大事ですが、まずは基本的な生活習慣を身につけることが幼児期には何より大事ですよね。

 

私自身、3歳と5歳の子どもが受講していますが、しまじろうの効果は絶大です。

 

他の通信教育でも、生活習慣について取り扱っていますが、やはり紙面だけよりもDVDやおもちゃと連動しているからこそ、より効果があるように感じました。

 

DVDを見ることで、やってみようという気持ちになり、やる気を促すおもちゃがあるからより頑張れます。

 

そして、絵本で再確認して、定着させる。

 

我が家は、トイレトレーニングや自分で起きること、お手伝い、机に向かって1日1回勉強するなど、かなりしまじろうに助けられています。

 

DVDについては、テレビを見せたくないご家庭もあるかと思いますので賛否両論ありますが、ベネッセは、その辺りもよく研究されていて、DVDの色使いや時間も子どもに悪影響が出ないように設計されています。

 

いちごみるくも、子どものうちからDVDを見せることに抵抗がありましたが、映像でしか伝わらないメリットもあるので、上手に活用することが大事だと思いました。

 

また、月ごとにその月のイベントや行事について、取り扱っているのもいいですね。

 

近年の核家族化により、親世代も日本の伝統行事についてきちんと説明できるかと言われると怪しいですよね。

 

子どもと一緒に親も学べます!

 

こどもちゃれんじについてもっと詳しく知りたい!という方は、まずは資料請求してくださいね。

 

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」の教材のレベルは?対象年齢は?

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」は、0~6歳を対象とした通信講座です。

 

「こどもちゃれんじは簡単!」という声を聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

こどもちゃれんじって簡単なの?

 

さて、こどもちゃれんじは簡単という声をよく聞きますが実際のところどうなのでしょうか。

 

実際に上の子が0歳の時から受講しているいちごみるくの意見としては、月齢によるです。

 

こどもちゃれんじは、0歳向けのbabyは月齢ごとの教材ですが、1〜2歳向けのぷちからは、共通の教材となります。

 

10月生まれの子を基準として作られているそうなので、4月生まれの子には簡単に、早生まれの子には少し難しく感じるかもしれません。

 

また、個人差もあり、ご兄弟がいて発達が早い子であれば、早生まれでも簡単に感じたり、丁度に感じるかもしれません。

 

いちごみるくの場合は、12月生まれの上の子には丁度よく、8月生まれの下の子には少し簡単だった気がします。

 

ただし、これは知育面での話で、生活習慣については、生まれた月に関係なく個人差があります。

 

その年齢で身につけておきたい生活習慣を取り扱っているので、そういった意味では丁度良いのではと思います。

 

もし、学習面をもっと強化したいという方は、他の通信教育との併用をオススメします。

 

また、年中さんからは、ワーク中心の「思考力特化コース」というコースがありますのでそちらを受講してもいいですね。

 

2018年開講以来、小学校受験を考えているママにも大好評のコースです!

 

詳細を知りたい方は、資料請求してくださいね!

 

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」のメリット

 

こどもちゃれんじのメリット

  • 親子の関わりあいの時間が増える
  • えほん、DVD、おもちゃが連動しているので理解が深まり、身につきやすい
  • 子どものことをよく研究し、その年齢にちょうどのカリキュラム
  • 季節感のある教材
  • 子どもが自分からやってみよう!とやる気にさせる工夫がいっぱい
  • 受講費が家計に優しい
  • 親向け情報誌の内容がタイムリーでかなり詳しい
  • 毎月1回教材が届くので、計画的に子供との時間がとれる
  • 年長さんでは、毎月少しずつ小学校入学準備ができる

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」のデメリット

 

こどもちゃれんじのデメリット

  • おもちゃが増える
  • 使わないおもちゃが出てくる

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」はこんな方におすすめです!

 

こどもちゃれんじはこんな方におすすめです!

  • 親子の時間を充実させたい
  • しつけやマナー、基本的な生活習慣をに見つけたい
  • 小学校入学に向けて準備したい

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」の受講費用は?

 

 

コース 毎月払い 12ヶ月払い
baby 2,074円(税込) ※開始月によって異なる
ぷち 2,074円(税込) 月あたり1,729円✕12ヵ月分=合計20,748円(税込)
ぽけっと 2,379円(税込) 月あたり1,980円✕12ヵ月分=合計23,760円(税込)
ほっぷ 2,379円(税込) 月あたり1,980円✕12ヵ月分=合計23,760円(税込)
すてっぷ 2,379円(税込) 月あたり1,980円✕12ヵ月分=合計23,760円(税込)
じゃんぷ 2,379円(税込) 月あたり1,980円✕12ヵ月分=合計23,760円(税込)

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」の申し込み方法は?

 

基本的には、インターネットまたはお電話で申し込みができます。

 

受講するかどうか迷っている方は、まずは資料請求することをおすすめします。かなりのボリュームのお試し教材がもらえますよ♪

 

 

電話での申し込みは、0120-426-330までおかけください。

 

幼児向け通信教育「こどもちゃれんじ」の退会方法は?

 

こどもちゃれんじの退会は、受講期間2ヶ月間後から退会可能です(ただし、キャンペーン等適用時においては退会可能時期が変更になる場合があります)。

 

こどもちゃれんじbabyは、退会したい号の前月1日、それ以外の講座は、退会したい月号の前月5日までに、会員専用お問い合わせ窓口まで連絡してください。

 

退会受付締切日を過ぎた場合は、退会が1ヶ月先となります。

 

一括払い(12ヶ月分)で受講している方が途中退会する場合は、受講期間に応じた金額を支払った金額より差し引いて返金してもらえます。

 

退会の連絡先

[TEL] 0120-55-4103(042-679-8561)

受付時間 9:00~21:00

※年末年始を除く

 

一度退会しようとしたことがあり、電話で退会を申し込んだのですが、特にしつこい勧誘等はなく、すぐに退会の手続きをしてもらえました。その後、再度受講の申し込みをしましたが、その時の対応もスムーズでした。

 

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-こどもちゃれんじ

Copyright© 早期幼児教育・知育|塾なし!通信教育で小学校受験に通用する力を身につける , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.