ワーキングマザーのいちごみるくが、幼児期からの通信教育による家庭学習で偏差値70以上の公立トップ高校受験を目指します!

Home Study

スポンサードリンク

Z会 進研ゼミ小学講座

Z会小学講座と進研ゼミ小学講座の受講料比較

 

ママ友の間でも昔から有名な2大通信教育の『Z会』と『進研ゼミ』。

 

この記事では、2つの通信講座の受講料を比較したいと思います。

 

 

 

Z会小学講座と進研ゼミ小学講座の受講料はどっちが安い?

 

Z会小学講座と進研ゼミ小学講座を受講した場合の料金を比較したいと思います。

※受講料金は税込みで表示しています。

※受講料金は2020年6月1日現在のものです。

 

小学1年生コース

毎月払い 6か月分一括払い 12か月分一括払い
チャレンジ 3,680円 19,800円
月あたり3,300円
35,760円
月あたり2,980円
チャレンジタッチ 3,680円 19,800円
月あたり3,300円
35,760円
月あたり2,980円
Z会スタンダード 4,620円 26,334円
月あたり4,389円
47,124円
月あたり3,927円
Z会ハイレベル 5,060円 28,842円
月あたり4,807円
51,612円
月あたり4,301円
Z会スタンダード
『みらい思考力ワーク』セット
5,390円 30,720円
月あたり5,120円
54,972円
月あたり4,581円
Z会ハイレベル
『みらい思考力ワーク』セット
5,830円 33,228円
月あたり5,538円
59,460円
月あたり4,955円
Z会タブレットコース 3,520円 20,064円
月あたり3,344円
35,904円
月あたり2,992円

 

1年生コースにおいては、紙ベースの教材だと、進研ゼミの方が安いですが、タブレット教材だと140円Z会の方が安いですね。

スポンサードリンク

幼児に人気の通信教育

こどもちゃれんじ

幼児通信教育の王道。未就学児の4人に1人が受講している人気の通信教育。「自分からやってみたくなる」ことを大切にし、年齢や発達・興味にぴったりのカリュキュラムが年齢別に用意されています。人気キャラクターのしまじろうがお子様と一緒に成長します。DVD、絵本、知育玩具のそれぞれが連動していて、その年齢に身につけなければいけない、生活習慣やマナー、しつけ等を楽しく、自然に学ぶことができます。親向け情報誌も内容が充実しており、その年齢にあった対処法等、かなり参考になります。1人目のお子様には特におすすめです!

幼児ポピー

幼児ポピーの教材はとてもシンプル。幼児ポピーは、親子の関わり合いをとても大切にしています。幼児期に大切なのは、これからの学びと成長をぐんぐん伸ばすための準備です。幼児ポピーなら、楽しくてシンプルな教材で、学びと成長の根っこを幼児期にしっかりと育めます。「頭でっかちな子」にならないよう、「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育て、「生きる力」や「賢さ」の基盤づくりをします。ポピーに取り組むことで、「生きる力」や「賢さ」の基盤ができることは、脳の専門家・篠原菊紀先生との共同脳活動測定実験の結果にも表れています。

まなびwith

2019年4月からスタートした小学館の新しい学びに特化した通信教育です。これからの社会に必要な「自分で考える力」を育てるために開発されました。この先どんな進路を選んだとしても大丈夫なように、質の高い教材と楽しみながら学ぶ仕組みで、“学びの土台”と“思考力”を育てます。幼児コースでは、「ことば・もじ」「かず・かたち」「たいけん」「ちえ」の 4つの入口から、「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中でつみかさね、まなびの芽を育てていきます。教材はとてもシンプル。メイン教材「まなびブック」の他に、年齢、季節に応じた特別付録がつきます。鉛筆、はさみなど園生活で手にする道具たちをモチーフとしたオリジナルキャラクター「まなぼうず」と一緒に楽しく学習できます。毎月小学館のプレNEO図鑑から抜粋したページを見ながら調べ学習をするページがあるのも特徴です。

-Z会, 進研ゼミ小学講座

Copyright© Home Study , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.